定額給付金は受け取らないと麻生首相

麻生首相は定額給付金は受け取らない意思を明らかにしたもようですが、以前から高額所得者が給付金を受け取ることに否定的だったこともあり、波紋をなげかけそうです。

首相は「1億円あっても、さもしく12000円が欲しいという人もいるかもしれない。」という以前の発言が問題となっていましたが、今回の給付金は景気対策という点なのか、低所得者への援助なのかという点で判断がわかれるところだと思います。

景気対策というのであれば、高額所得者も給付金で消費すればいいと思いますが、低所得者への援助という意味あいならば、首相の言うとおり、高額所得者は辞退すべきなのではないかと思います。

今回の定額給付金は、どちらの意味にもとれるということで、若干微妙な判断となりそうな気がしますが、通常の感覚でみれば、麻生首相の発言は別におかしくもないような気もします。

posted by 定額給付金 at 05:26 | 定額給付金の最新情報