定額給付金とは?

定額給付金の使い方や使い道をご紹介しております。

定額給付金は国が一人あたり 12,000円 の現金をくれる景気対策ですが、65歳以上の人と18歳以下の人にはさらに 8,000円 が加算されて支給される予定です。
(※定額給付金は2009年に終了致しました。)

今回の定額給付金はなるべく消費へまわすようにすべきです。

景気対策のお金なので、もらった定額給付金で消費して、企業の売り上げを伸ばし、ひいては雇用創出へはずみをかけるという意味あいが多分に含まれています。

お金を使用しないで貯金へと回ってしまうと、経済的な効果が少なくなってしまうので、できるだけ消費にまわすことを考えるというのが、日本国民としての正しい定額給付金の使い方だと信じております。


以前に地域振興券という商品券が配布されたことがありましたが、あのとき、商品券で配布されたのは、貯金へとまわってしまうと経済効果がなくなってしまうからです。

けれども、今回の定額給付金は現金での給付となるため、なかには貯金してしまう人もいるかと思いますが、わたしたちの日本の将来のためにも、なるべく消費へまわすことを考えることが何より先決です。

けれども、「いったいどういった商品を購入すればいいんだろう?」とお困りの方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、当ブログではあなたにあった定額給付金の使い道探しのお手伝いをしようと思っております。

当ブログが少しでも、あなたの定額給付金の使い方を探すお役に立ち、ひいては日本経済の回復に貢献できればと願っております。

posted by 定額給付金 at 16:05 | 定額給付金の基礎知識