国民健康保険料が100万円の大台突破へ

国民健康保険料の上限額が2020年度から年間100万円へ引き上げられることに決まったようです。内訳は公表されていませんが、国民健康保険料と介護保険料の合計で年間100万円ということかと思います。

非常にタイムリーといいますが、最近は徳井さんの申告漏れの報道が世間を賑わせていますが、法人を設立していたものの、社会保険には未加入だったとのことで、おそらくは国民健康保険に加入していたのだろうと思われます。

では、なぜ社会保険に未加入だったのかを考えれば、国保で高額所得者の場合は上限があるため、会社の社会保険よりも安く済むという事情があります。

例えば、社会保険の協会けんぽでの上限額は会社負担分も含めて月16万7千円となっていますが、年間では200万円ぐらいの負担になります。法人を設立する場合、社長が自分の会社のオーナーであることが多いと思いますので、会社との折半でも結局は全額が自分で負担することになるため、実質的には200万円と考えてもよいかと思います。

その一方、国民健康保険の場合は年間100万円程度が限度額で上限が決まっており、年収1千万の人でも1億円の人でも100万円で済む計算になるわけです。

そのため、年収1千万円程度の人には負担が重いものの、年収数千万円程度もあれば、かえって負担が軽くなるという側面があります。

このような理由で上限額が引き上げられたのだろうと思いますが、個人的にはもっと引き上げてもよいのではないかなと感じています。

ちなみに、この徳井さんの社会保険未加入の報道が10月26日、そして国保の上限引き上げのニュースも同日の10月26日となっていました。これはたまたまなのでしょうか、それとも上限引き上げのバッシングを緩和させる意図があったのでしょうか。

偶然にしてはタイミングが良すぎる気もしないではないです。

posted by 定額給付金 at 00:28 | 年金