第3号被保険者制度の謎

今後、制度の廃止が検討されている専業主婦の「第3号被保険者」についてですが、不公平な制度であることから独身男女からの不満の声が高まってきています。

この第3号年金についてですが、月給30万円のサラリーマン夫妻と月給30万円の独身OLがいた場合、納める厚生年金保険料は同じであるものの、サラリーマン夫妻の方は本人と第3号で二人分の国民年金を納める形になっています。

その結果として、将来的に二人分の年金を貰えることになるわけですので、これが第3号被保険者が「年金のタダ乗り」といわれる所以です。厚生年金保険料は標準報酬月額で決まるため、第3号の有無で保険料に違いがない点が不公平なのだろうと思われます。

ただ、社会保険料は会社との折半のため、第3号分の保険料も負担する形になってしまいますと、企業側の負担も増加してしまいます。そのため、制度の廃止については経団連からの反発も予想されています。

なぜ、このようなおかしな制度になってしまったのでしょうか?

これは、いずれ自分の結婚した場合、妻の国民年金を払わないですむため、これまでは独身男女もあえて強く反対することはなかったのだろうと思います。

けれども、現在は未婚社会へと突入してしまったため、一生を独身で過ごす男女も多くなってきており、それらの人からの反発の声が次第に強くなってきたものと考えられます。

最近は加入逃れ事業者の摘発が相次いでいますが、今後は第3号被保険者制度の廃止も含め、聖域なき改革が実行されていくのかもしれません。

posted by 定額給付金 at 21:37 | 年金