子供の給付金の立場

定額給付金は子供が大勢いる大家族の場合、割と多い金額が集まってくることかと思います。

5人家族で18歳以下の子供が3人の場合、8万4千円ほどの収入になるはずです。

手続き上は世帯主に給付されることになりますが、子供に給付されるものは子供のものですので、自由に使わせてあげるのがいいかと思います。

「貯金しておいてあげる」というのは、景気対策上給付金の意図からはずれることになりますので、なるべく、家族みんなで楽しめるような旅行のような使い道がいいのではないかと思います。

けれども、子供の方から預けてきた場合は、しょうがないので、将来のために貯金しておいてあげましょう。

ある程度の金額の定額給付金を子供に渡しておくと、不良にねらわれたり、いじめの原因となることもあるかと思いますので、日本経済のためにも家族旅行などでなるべくすみやかに使い切ってしまい、消費にまわすのが得策です。

posted by 定額給付金 at 11:40 | 基礎知識