確定拠出年金と投資について

主人の会社では何年も前から確定拠出年金(DC)を導入しています。
最初のうちは景気が良かったのでプラスだったので、
運用成績表を見せてくれていたのですが、
最近見せてくれないなぁと思っていたところに
運用報告書が郵送されてきたので、見たら元本が以下でした。

彼の運用先選びが下手なのか、純粋に景気のせいなのかわかりませんが、
「わたしたちの老後の生活費はどうするの」と詰め寄ってしまいました。
いろいろ言い訳をしていましたが、納得がいかなかったので
次回のスイッチングの時には二人で考えて投資先を選ぶことで落ち着きました。

先日、個人年金について研究する研究員と話をする機会があり、
とても興味深いお話を聞くことができました。

現在、企業では確定給付年金(DB)から
確定拠出年金を採用するケースが増えているそうです。
導入時には、従業員に教育・研修をすることになっているそうですが、
一度だけで終わるケースが多いそうです。

やらないより、一度でも研修をしたほうがいいけど、 継続して運用成績を見るわけではないので 従業員にとって不利な運用結果になる可能性もあるそうです。

研究者は、確定拠出年金と投資行動について まだフィールドテスト中とのことですが、 研究結果についてまた聞いてみたいと思っています。

posted by 定額給付金 at 14:20 | 年金