定額給付が北海道と青森で開始

本日、青森県の青森県西目屋村と北海道西興部村で定額給付金の支給が始まりました。

一番乗りした定額給付金の受給者は西目屋村の山下さんで、夫婦二人分の4万円の定額給付金を無事に受け取ったということです。

支給される定額給付金はのし袋にいれられており、使い道に関しては、「お刺し身などを買って豪華な食事をしたい。大事に少しずつ使います」と話していたもようです。

当ブログでも「定額給付金かに」をおすすめしておりますが、日本経済回復のためにもおいしくいただきたいものです。

定額給付金かに

また、窓口ではなく、振込みによる定額給付金の支給も開始されたようなのですが、受け取った人は喜びの声に満ちあふれていたようです。

定額給付金の受け取り方法には、窓口で受け取る方法と振込みによる受け取り方法がありますが、自治体によっては多少異なるようです。のし袋に入っていることもあるようです。

posted by 定額給付金 at 01:12| 定額給付金の最新情報